無修正アダルト動画を安心してご覧いただく為に

P2P(ファイル交換ソフト)の危険性について



  最近 「Winny(ウイニー) ・ 「WinMX(ウインエムエックス)」など「ファイル交換ソフト」が流行しています。

  ある程度のパソコンの知識さえあれば、無料で最新音楽・最新映画・アダルト無修正動画などを手に入れることができます。 がしかし・・・その裏には大変な危険が伴っています。 著作権法違反での逮捕の可能性や、ウイルスにより個人情報の漏洩または企業情報の漏洩の危険が非常に高く、一度流出した個人・企業情報は回収する事が不可能であり、世界中に広がる危険があります。 実際、某省庁職員のハメ撮り写真や、某有名テレビ局ディレクターの不倫証拠が実名入りでそこらじゅうに公開されています。 またウイルスに感染したほとんどのユーザーはウイルス対策ソフトを入れており、ウイルス対策ソフトでは、その危険を回避できないのが現状です。
あなたの秘密は大丈夫ですか・・・・?


事例1: 06年3月8日 毎日新聞
<Winnyで顧客情報と73社の企業情報流出> NTT東西
NTT東日本、西日本両社は8日、全国の顧客164人の個人情報と73社の企業情報がインターネット上に流出したと発表した。ファイル交換ソフト「ウィニー」を使用していたNTT西日本社員が自宅に持ち帰ったパソコンを通じて流出した。

事例2: 06年3月8日 毎日新聞
<岡山県警情報流出>巡査長はセキュリティー担当者
 岡山県警倉敷署の巡査長が所有する私用パソコンから約1500人分の個人情報を含む捜査資料がインターネット上に流出した問題で、巡査長が署内でパソコンの情報管理などを担当するセキュリティー指導員だったことが8日、分かった。県警監察課は、巡査長がファイル交換ソフト「ウィニー」の情報流出の危険性を熟知しながら、通達に違反して再三使用していたことを重視、巡査長から連日、事情聴取をしている。

事例3: 06年3月7日 共同通信
<ウィニー厳禁を通達> 警察庁が緊急対策
 岡山、愛媛両県警でファイル交換ソフト「ウィニー」を通じ事件被害者らの個人情報がネット上に流出したことを受け、警察庁は7日、公私を問わずウィニーの使用を厳禁とするなどの緊急対策をまとめ、全国の警察本部長らに通達した。

事例4: 06年2月13日 読売新聞
<海自「秘」情報がネット流出> 隊員PCがウイルス感染か
海上自衛隊の艦船のコールサインや戦闘訓練の計画表の情報など「秘」扱いのものを含む内部資料が、インターネット上に流出していることが分かった。海自隊員の私物パソコンからファイル交換ソフト「Winny(ウィニー)」を通じて流出したとみられ、防衛庁は事実関係の調査を始めた。

上記のように、ここ半年でも「ファイル交換ソフト」による被害が数十件とあとを絶たず、深刻な社会問題にまで発展しています。 マルの穴ピカデリーでは「ウイルス」の心配が一切なく、合法に安心してアダルト無修正動画を、お好きなだけご覧いただけます。

365日24時間安心のフルサポート
特選動画はコチラから

マルピカ男塾

史上最強の盗撮師軍団

人気女優TOP10

人気ムービーTOP10